ニュース

【レポート】9/18 したコメ皆勤賞!「したコメ声優口演ライブ」はチャップリン特集!

2017/09/18

レポート by したコメサポーター 宮川 智里

写真 by したコメサポーター 江頭 幸宏



数々のチャップリン映画を口演してきた「声優口演ライブinしたコメ」。
チャップリン没後40年の今年は『チャップリンの勇敢』と『チャップリンの犬の生活』の2本が上演されました。

まずは出演者の、羽佐間道夫さん、野沢雅子さん、若本規夫さん、山寺宏一さん、田原アルノさん、中野裕斗さん、たなか久美さんが登場しご挨拶。

羽佐間さんからは、「声優口演は第1回のしたコメから皆勤賞で今年で10回目。10年続けられたのは本当に素晴らしい事です。長年ずっと一緒に頑張ってくれた野沢さんと山寺さんのお陰です。」とお二人に感謝する一場面も。

その後お手伝いでガヤ(画面に映るその他大勢の人たち)を演じるルーキーたちが呼び込まれますが、今回は『チャップリンの勇敢』の中で大勢の人が出るシーンで客席全員ガヤ参加という試みが行われることになり、レクチャーが始まりました。
客席には沢山の声優希望の方もおり、羽佐間さんから、新人はまずはガヤから経験を積んでいくものなので思い切り演じるようにとのお言葉に、会場も気合が入り、練習は一発OK。

0918_seiyu001.jpg

と、ここで突然いとうPが登場。
羽佐間さんには内緒のサプライズで、したコメから羽佐間さんへ皆勤賞の表彰式が行われました。
表彰状の他に、皆勤賞の羽佐間さんへ感謝の気持ちを込めて、したコメサポーター手作りのマイク型のトロフィーとロッキーにちなんだチャンピオンベルトが贈られました。

チャンピオンベルトを付けた羽佐間さんは「エイドリア~ン!!」と高らかに叫んでくださり、会場は大盛り上がり。

0918_seiyu002.jpg

「とても嬉しいので、毎晩寝るときに付けて寝ます。」とのお言葉も!
トロフィーにもじっくり見入って、大変喜ばれていました。

0918_seiyu003.jpg

そして、いよいよ口演です。
まずは『チャップリンの勇敢』の上演。
観客ガヤ参加も大成功。大人数での息の合った掛け合いのはさすがの一言です。

0918_seiyu004.jpg

続いて『チャップリンの犬の生活』の上演。
こちらは山寺さんが、台本なし、一人ですべての登場人物を演じ分けます。
次々に声があてられていく様は本当に素晴らしく、しかも合間にギャグを入れたりと遊びがもふんだんに取り入れられ、そのサービス精神には本当に圧倒されました。

0918_seiyu005.jpg

上演後のアフタートークでは、日本チャップリン協会の大野さんも交えてチャップリンのお話へ。
写真撮影の秘話やチャップリンの使っていた杖は日本製であったとか、来日した時に訪れた上野の美術館では靴を脱いで入ったといったエピソードも。

0918_seiyu006.jpg

そして最後に羽佐間さんからご挨拶が。
「声優口演を始めたきっかけは、名の知られている声優が昔の映画にアフレコをすることで、老若男女すべての人に観てもらえるのではないかと考えたからです。若い世代は好きな声優さんの演技を楽しみに、年配の方はチャップリンを楽しみに、(きっかけはそれぞれでも)同じ映画を見ることができ、同じものを見ることで会話が生まれてほしいとの願いがありました。今はそれが成功したのがとても嬉しいです。これからも是非続けて行きたいです。」

羽佐間さんの想いは、会場のみなさんの胸にしっかり届いていました。



0918_seiyu007.jpg

関連プログラム:
声優口演ライブ 没後40年チャップリン特集

ニュース一覧

ページトップへ

© 2008-2017 Down Town Taito International Comedy Film Festival.