ニュース

【レポート】9/16「男おばさん!!」公開収録!

2017/09/16

レポート by したコメサポーター 杉恵子

写真  by したコメサポーター 佐藤 啓二



浅草公会堂1階ロビーにて、恒例となったフジテレビCS放送・日本映画専門チャンネル「男おばさん!!」の公開収録が行われました。

したコメのオープニングを飾る「レッドカーペット」でも、豪華ゲスト陣の一員として参加し、軽妙なトークで愛嬌を振りまいていた軽部真一アナと笠井信輔アナ。登場と同時に弾丸トークをスタートさせました。

0916obasan001.jpg

軽部アナ:お客さん多い!それに女子率高い!
笠井アナ:4回連続で観に来てくれた人?(客席から挙手)嬉しいな。ありがとう!
軽部アナ:4回目で人気が上がってきたのかな?それとも女子率高いのは別の理由?!
笠井アナ:それはすぐに判る。今日のスペシャル・ゲストはかつてない贅沢な4人、『blank13』の皆さんです!!

ここで齊藤 工監督、高橋一生さん、神野三鈴さん、金子ノブアキさんの登場に、いきなりキャーという女子たちの悲鳴が上がり、会場はしばらく興奮冷めやらず。そんな中、ゲストの皆さんとの楽しいトークが繰り広げられました。

0916obasan002.jpg

軽部アナ:高橋さん、神野さんは初めての「したコメ」。感想は?
高橋さん:レッドカーペット自体が初めてだったので、楽しかったです。参加出来て嬉しいです。
神野さん:人力車に乗れてすごく楽しかった。幸せです~

笠井アナ:『blank13』は上海国際映画祭で最優秀監督賞、そしてウラジオストク国際映画祭で高橋さん、リリー・フランキーさん、斎藤さんの3人が最優秀男優賞を受賞されたとのニュースが入っています。作品についてお聞かせください。
高橋さん:実験的な演技をしたが、齊藤監督は自分の演技をしっかりと観ていてくれて有難かった。見守ってもらっている安心感がありました。
神野さん:撮影中にディスカッションしているうちに、いつの間にか役になりきっていました。
金子さん:監督はビジョンがはっきりしているので、音楽も多くのものから絞り込んで使う感じでした。
齊藤監督:去年のしたコメで制作を宣言して、初の長編映画を作り、ここに戻って来られてとても嬉しいです。俳優さんたちの演技が素晴らしく、それだけで映画が良くなるんだと思いました。
大々的でなくても、長くじっくり観ていただける作品を目指したいです。

ゲスト退場後、したコメで上映の『シンクロナイズドモンスター』、『セントラル・インテリジェンス』の作品の紹介(どちらも11/3公開)と世界卓球映画祭のお知らせを行い、最後にみんなで「男おばさん!!公開収録inしたコメ」とエンドコールをして、収録は無事終了しました。

関連プログラム:
フジテレビCS放送・日本映画専門チャンネル「男おばさん!!」公開収録

ニュース一覧

ページトップへ

© 2008-2018 Down Town Taito International Comedy Film Festival.