ニュース

【レポート】9/17 好感度アップ大作戦?『シンクロナイズドモンスター』上映後トーク

2017/09/17

レポート by したコメサポーター 今泉 健

写真 by したコメサポーター 江頭 幸宏



嵐の予感の午後なのに特別招待作品『シンクロナイズドモンスター』の上映には、沢山のお客様がいらっしゃいました。感謝の言葉しかありません。

映画の前は内山勇士監督の「野良スコ」マナームービーが上映されました。
マナーの確認だけでなく笑いのウォーミングアップにもなってます。

上映後のトークは、MCの映画パーソナリティ、コトブキツカサさんの映画知識とゲスト辛酸なめ子さんの唯一無二な感性が相まみえて生じる化学反応を楽しめる稀有なひとときとなりました。

0917clossal001.jpg

アン・ハサウェイが自ら希望して主演のみならず製作総指揮まで行った作品。それは何故か。
どうやら本人と主人公の境遇が似ているからということらしいのです。
インタビューでもアン・ハサウェイは「主人公のグロリアと自分の本質的なキャラクターは似ている」といっているそう。
人気の反面、「ハサヘイターズ」と呼ばれるアンチもいる彼女ですが、この映画は好感度アップ・ムービーだと盛り上がる辛酸さんとコトブキさん。

0917clossal002.jpg0917clossal003.jpg

本作は、邦題通り主人公と怪獣がシンクロするちょっぴりブラックなコメディです。
辛酸なめ子さん曰く「壮大さとちっぽけさがあって、見終えた後、不思議な充実感がある」作品です。

辛酸なめ子さんの淡々とした口調と言葉のインパクトのギャップにドキッとしてしまいました。

■トーク内の辛酸なめ子さん注目語録
・怪獣のウエストがくびれていてエロい。
・人体は小宇宙だから宇宙にも時に大きな影響を与える。
・過度にださい服の人は危険。社会性がない。避けるべき。
・念を飛ばし続けているとぼーっとすることがある。
・嫌なやつは投げちゃって良い。我慢しなくて良い。
・自分の中の煩悩が「インナー怪獣」になっている。

最後はお客様にSNSなどでの拡散を呼びかけてトークを終えました。



関連プログラム:
特別招待作品『シンクロナイズドモンスター』

ニュース一覧

ページトップへ

© 2008-2018 Down Town Taito International Comedy Film Festival.