シネマ歌舞伎「大江戸りびんぐでっど」inしたコメ|第9回したまちコメディ映画祭in台東|2016/9/16-19
シネマ歌舞伎「大江戸りびんぐでっど」inしたコメ

2016年9月18日(日)開場10:30/開演11:00 ※バリアフリー上映(音声ガイド付き)
開催場所:浅草公会堂 MAP

シネマ歌舞伎「大江戸りびんぐでっど」inしたコメ
©松竹株式会社

プログラム概要

歌舞伎座さよなら公演、衝撃の新作がシネマ歌舞伎化!

脚本家・映画監督・俳優・ミュージシャンと、多方面で活躍中の宮藤官九郎が手掛けた新作歌舞伎『大江戸りびんぐでっど』。制作が発表されるとたちまち話題騒然となったこの作品は、江戸時代に現れた"ぞんび"が、人間の代わりに派遣社員として働くという奇抜なアイデアに始まり、音楽・向井秀徳、衣裳・伊賀大介、道具幕デザイン・しりあがり寿など、異色の才能が歌舞伎座に集結。エンタテインメント性のみならず、社会問題となっている派遣切りも題材にした、現代の歌舞伎が誕生した。

歌舞伎の舞台作品をHD高性能カメラで撮影し、デジタル上映する新しい歌舞伎観劇スタイルの「シネマ歌舞伎」。平成21年12月歌舞伎座公演の模様を、歌舞伎座と同じ臨場感と迫力で、たっぷりとお楽しみください。


ゲスト中村七之助片岡亀蔵(予定)、宮藤官九郎、冨士滋美(浅草観光連盟会長)

★上映後にトークショーを予定しています。

プログラム終了予定 13:20

※内容、ゲスト及びトーク、開始・終了時間は予告なく変更になる場合がございますので、ご了承ください。


チケット情報
【料金】 前売り 2,000円/当日 2,500円/全席指定


> 当日レポートはこちら(by したコメサポーター)



上映作品

シネマ歌舞伎「大江戸りびんぐでっど」
(2010年10月16日公開、2009年歌舞伎座公演/103分/松竹)

作・演出:宮藤官九郎
出演:市川染五郎、中村七之助、坂東三津五郎、中村勘三郎 他

時は江戸時代、処は大江戸。くさや汁を浴びた死人が"ぞんび"として生き返った。
人に噛みつき増え続ける"ぞんび"に江戸の町は大騒ぎ。

くさやの名産地新島出身の半助は、くさや汁を体に塗ることで彼らを従わせることに成功する。想いを寄せるお葉と共に、何と人間の代わりに"ぞんび"を働かせる人材派遣会社「はけんや半助」を起業する。"ぞんび"は文句も言わずに人間の嫌がる仕事を安く請け負い、商売は大繁盛となった。しかしやがて派遣に仕事を奪われた人間たちが現れ、切っても死なない派遣"ぞんび"VS失業者の争いが始まろうとしていた。
(松竹「シネマ歌舞伎」あらすじより)
シネマ歌舞伎「大江戸りびんぐでっど」inしたコメの写真
© 松竹株式会社

音声ガイド付き上映について
視覚に障がいのある方にも、一緒に映画をお楽しみいただけるよう、イヤホンで聴くことのできる音声ガイド付き上映を行います。お手持ちの「FM機能付きラジオ」をご持参、または、台数に限りがございますが、会場ロビーにてお貸し出しするラジオのご利用で、どなたでも音声ガイドを楽しむことができます。
[協力:シティ・ライツ]

FMラジオ
FMラジオ
盲導犬
プログラム一覧
  • したコメ携帯サイト
  • Youtube したコメ公式チャンネル
  • したコメ放送局 YouTube Live
  • ダウンロード
  • 協賛・協力
  • したこめリンク
  • 台東区
  • たいとうおでかけナビ
  • 台東区フィルム・コミッション
  • 台東区文化探訪
  • 第7回したまち演劇祭in台東
  • モノマチ
  • monokobo
  • 第29回東京国際映画祭提携企画

ページトップへ