ニュース

【レポート】9/19 地域の名楽団が集結!台東したコメ音楽フェア

2016/09/29

 

レポート by したコメサポーター 宮川智里

写真 by したコメサポーター 佐藤啓二

 


心配していた雨と風の影響も無く、台東区内で活動しているブラスバンド・アンサンブル5団体が映画音楽や皆で楽しめる楽曲を上野水上音楽堂にて演奏しました。
オープニングはいとうPと司会の奥浜レイラさんが登場。
地域の文化資源を生かしながら学んで行ける場にできたら嬉しいですとこのイベントの趣旨を説明しました。

大正小学校
101周年を迎えた小学校。4~6年生59名が活動し毎朝練習を頑張っています。
演奏曲【威風堂々・ロッキーのテーマ・テキーラ】
ロッキーのテーマでは映画の雰囲気を、またテキーラではお酒を飲んで楽しくなっているのをそれぞれ表現できるように頑張りますと意気込みを発表。
トップバッターということもあり最初は少し固かった印象でしたが、最後のテキーラでは楽しめていたようで演奏の最後に皆で大声で「テキーラ!」を叫びとても盛り上がりました。

上野小学校
4~6年生47名が活動。やっと4年生が音を出せるようになって始めての演奏会。
毎朝の練習59は眠くて大変だけど頑張っています。
演奏曲【Sun、Under the Sea、銀河鉄道999】
大きな場所で演奏できるのがとても嬉しいです。
知らない曲もどんどん挑戦していきたいですとの意気込みを発表。 下級生の面倒を良く見ていたのかなと思わせる一体感で元気な演奏を聞かせてくれました。

桜橋中学校
演奏曲【映画版暗殺教室テーマ、男はつらいよテーマ、Sing Sing Sing】
ソロをふんだんに取り入れたり、ステップ等動きのある演奏、テーマにちなんだイラスト、寅さんの口上をマネしたりと観客を楽しませようという工夫で演奏以外でも盛り上げてくれました。
最後の曲では、卒業した先輩方も加わり本当に楽しそうに演奏している様子は見ている側もワクワクと楽しめました。

したやウィンドアンサンブル
演奏曲【サンダーバードテーマ、ピンクパンサーテーマ、ボギー大佐、アラビアのロレンステーマ】
今までのフレッシュさとは違い、すっかり世間ズレしていてすみませんとの挨拶。
大人数ならでは迫力ある音と一体感。
サンダーバードはおなじみのカウントダウンから始まり、ボギー大佐では途中で口笛の大合唱、ピンクパンサーのソロが始めると思いきや、いきなりの今後の活動予定の宣伝等遊び心満載のしたやウィンドアンサンブル。
アラビアのロレンスはその迫力に映画のシーンを思い出しつつ楽しみました。

東京藝術大学
演奏曲【オックスフォード、スザート組曲、スターウォーズテーマ、サンダーバードテーマ、もう3匹の猫、花は咲く、士官候補生】
今回の曲に本当は打楽器は無いが、打楽器の学生が自身で楽譜を製作して演奏に参加したとのこと。
スターウォーズの演奏では映画会社のオープニングからの演奏でつい映画を期待してしまいました。
したやウィンドアンサンブルも演奏したサンダーバードですが、人数も楽器も違うのでまったく違う仕上がりに。聞き比べができるのも醍醐味ですね。
アンコールの花は咲くは、授業で行っている復興支援から。

音楽の持つ力を感じさせていただきました。

fair002.jpg
fair003.jpg
fair001.jpg

関連プログラム:
台東したコメ音楽フェア

ニュース一覧

ページトップへ

© 2008-2020 Down Town Taito International Comedy Film Festival.