ニュース

【レポート】9/18 総勢20組が出場! お笑いライブ「人力舎×マセキ Presents 映画ネタ-1グランプリ」

2016/09/29

 

レポート by したコメサポーター 鈴木さやか

写真 by したコメサポーター 江頭幸宏

 


映画祭なのにお笑いライブ? いえいえ、ただのお笑いライブではありません。
"映画ネタ"限定の、したコメならではのお笑いライブが開催されました。


マセキ芸能社が台東区にあるご縁で実現した今回のライブは、 「映画ネター1グランプリ」と題し、人力舎とマセキの若手芸人20組が映画をネタに競い合い、 お客様の投票で1組の優勝を決めます。
お客様たちも自分の1票が優勝を左右するとあって、気合が入ります。

まずは、MC今野浩喜、ニッチェが登場。
会場みんなで「映画ネタ-1 グランプリー!」と掛け声し、会場を温めます。

neta1_001.jpg

その後、前半10組、後半10組が次々とネタを披露しました。

neta1_002.jpg

話題の「シン・ゴジラ」や「となりのトトロ」、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」、「ミッション・インポッシブル」と古今東西の名作が次々登場しました。
また、タイトルだけでなく、DVDのパッケージをネタにしたり、映画の中に入り込んでしまうネタ、黒澤明監督の名言「人間はロボットじゃない」まで飛び出し、それぞれに趣向をこらした映画ネタを披露しました。

neta1_005.jpg

ネタ後には全組がステージに登場。
そして、「優勝はジグザグ......」と発表されると、じぐざぐと、ジグザグジギーが同時に飛び出し会場は大爆笑!
何度か仕切り直して、ようやくジグザグジギーの名前が発表されました。
ジグザグジギーは映画監督とエキストラのコントで会場を大いに笑わせ、ぶっちぎりの優勝でした。

neta1_004.jpg

台東区文化産業観光部石野部長より賞金が、上野のれん会副会長佐藤氏より共通お買い物券2万円分、さらに浅草ビューホテルよりディナーバイキング2名様ご招待券が贈呈されました。

実はジグザグジギーは、"したコメお笑い幕間アワード2008"に出場し決勝で負けてしまっていたそうで、「リベンジできましたー!」と喜びもひとしおの様子でした。

ジグザグジギーのお2人、おめでとうございました!

neta1_003.jpg


MC:今野浩喜、ニッチェ
ゲスト:
【人力舎】アナクロニスティック、トンツカタン、リンゴスター、真空ジェシカ、さくらエビ、三福エンターテイメント、あっぱれ!、じぐざぐ、ブルーセレブ、ドリーマーズ
【マセキ】ジグザグジギー、ルシファー吉岡、モグライダー、エル・カブキ、しゃもじ、スーパーニュウニュウ、カントリーズ、曇天三男坊、ゆーびーむ☆、おべんとばこ

関連プログラム:
お笑いライブ「人力舎×マセキ Presents 映画ネタ-1グランプリ」

ニュース一覧

ページトップへ

© 2008-2020 Down Town Taito International Comedy Film Festival.