特別招待作品『すれ違いのダイアリーズ』 - 第8回したまちコメディ映画祭in台東
特別招待作品『すれ違いのダイアリーズ』

2015年9月21日(月・祝) 開場14:00/開演14:30
開催場所:東京国立博物館 平成館MAP

特別招待作品『すれ違いのダイアリーズ』の画像
©2014 GMM Tai Hub Co., Ltd.

プログラム概要

第8回したコメでは特別招待作品として、世界各国から集めた「したコメ」ならではのコメディ映画作品を上映!

ゲスト二ティワット・タラトーン監督(予定)


※内容、終了時間は予告なく変更になる場合がございますので、ご了承ください。

チケット情報

【料金】 前売 1,300円/当日 1,500円/自由席

> 当日レポートはこちら(by したコメサポーター)

※東京国立博物館 平成館実施のプログラムチケットで、東京国立博物館の総合文化展(常設展)も観覧できます。

上映作品
『すれ違いのダイアリーズ』
(2014年/タイ/110分/ムヴィオラ)
監督:二ティワット・タラトーン
出演:スクリット・ウィセートケーオ、チャーマーン・ブンヤサック

電気なし水道なし、携帯電話さえも繋がらない僻地の水上学校に教師としてやってきたダメ青年のソーン。教師といっても教師経験はまったくなし。超やんちゃな子供たちに囲まれ、ドタバタ失敗つづきの毎日だったが、ある日、前任の女性教師エーンが残していった一冊のノートを見つける。それはエーンの日記だった。そこには、彼女の教師としての悩みや喜びだけでなく、若い女性としての感情も綴られていた。その日記を読むうちに、ソーンは会ったこともないエーンに恋してしまうが、やがて……。

タイの水上学校。新米教師の青年が、前任教師の女性が残した日記を読んで、会ったこともない彼女に恋してしまった!コメディ要素と誰もがキュンとするラブストーリー要素がたっぷり詰まった大ヒット作で、監督は『フェーンチャン ぼくの恋人』(03)のニティワット・タラトーン。2人の人気スターを主演に迎え、笑いあり涙あり、観た後誰もが一番大切なものに気づくハートフルな傑作に仕上げ、アカデミー賞タイ代表にも選ばれた。
特別招待作品『すれ違いのダイアリーズ』の写真
©2014 GMM Tai Hub Co., Ltd.
プログラム一覧
特別招待作品
特集上映/企画
無料イベント
インフォメーション・展示
カウントダウンイベント
関連イベント

  • したコメ携帯サイト
  • Youtube したコメ公式チャンネル
  • したコメ on USTREAM
  • ダウンロード
  • 協賛・協力
  • したこめリンク
  • 台東区
  • たいとうおでかけナビ
  • 台東区フィルム・コミッション
  • 台東区文化探訪
  • 第28回東京国際映画祭提携企画

ページトップへ