ニュース

【レポート】「獲ったど~!」W受賞に沸いた「したまちコメディ大賞2015」

2015/10/13

 

レポート by したコメサポーター 鈴木さやか

写真 by したコメサポーター 吉岡茂

 

7回目を迎えた「したまちコメディ大賞2015」

浅草公会堂には、若き才能を見ようとお客様が大勢集まりました。応募総数188本の中から、入選した10本の作品が上映されました。


今年の審査員は、廣木隆一監督、犬山紙子さん、安齋肇さん、いとうせいこうP

s_teratani_DSC3754.jpg


【第1グループ】
伊東淳監督 『箱』
永井和男監督 『くさいけど「愛してる」』
小尾信生監督 『押してはいけないボタンを押すな』

s_yoshioka_DSC_7538 (9).jpg


【第2グループ】
小山拓也監督 『あつまれ!わくわくパーク』
市田俊介監督 『NINJA vs YAKUZA』
長尾理世監督、小田篤監督 『牛乳配達』
ヨシムラエリ監督、佐藤亮監督、恒益愛衣監督、御庄員代監督 『まんじう』

s_yoshioka_DSC_7538 (17).jpg


【第3グループ】
酒井麻衣監督 『笑門来福』
イッキ監督 『なめくじ劇場 THE MOVIE 2015「君の瞳に恋してる」』
北原和明監督 『ドラマ』

s_yoshioka_DSC_7538 (28).jpg


今年は10本の中に25歳以下の監督作品が4本も含まれ、若い作品が多く集まった年になりました。


会場で見ていたお客様の投票が終わると、審査の時間に。
その間、招待作品『手鼻三吉 TEBANA SANNKICHI 2015したコメバージョン』を上映。山口雄大監督、坂口拓さん、斎藤工さん、江汎英利さんらが登壇し、会場を盛り上げました。
山口監督は「映画は完成させなきゃいけないと誰が言った?」とこれからも手鼻三吉を作り続けると宣言し、会場から拍手が沸き起こりました。

s_DSC3961.jpg


続いて、昨年のしたコメ大賞を受賞し、今年のアバンタイトルを監督した、西本マキ監督・吐山ゆん監督が登場
いとうせいこうPも出演したアバンタイトルが上映されました。


s_teratani_DSC3983.jpg


そして、ついに結果発表!
『なめくじ劇場 THE MOVIE 2015「君の瞳に恋してる」』がグランプリと観客賞をW受賞! 4年連続入賞していた『なめくじ劇場』悲願の受賞に、会場からは温かい拍手が送られました。

s_teratani_DSC4049.jpg


準グランプリには『牛乳配達』が選ばれました。

s_DSC_7544.jpg


台東区長から賞状を受け取ると、イッキ監督は「獲ったどーーーー!」と会場に来ているスタッフや出演者に向かって喜びを爆発させながら報告していました。


いとうせいこうPの「結果、画面に映り込んだ柱のせいでカメラワークが一番ひどい作品が受賞したのは、技術以上のものが僕たちを惹きつけたからだと思う。賞金で撮り直したら?」コメントにはイッキ監督もたじたじに。
いとうPは「笑わせたいという気持ちが一番表に出てくるものが、審査員の心を打ったと思う」と総評し締めくくりました。


グランプリのイッキ監督には、賞金50万円と海外出品サポート(協力:日本翻訳アカデミー)が贈られました。おめでとうございます!
s_teratani_DSC4096.jpg


関連プログラム:
したまちコメディ大賞2015

ニュース一覧
携帯サイト SHITA COME Mobile

ページトップへ

© 2014 Old Town Taito International Comedy Film Festival.