ニュース

【レポート】ゾンビや妖怪になる!「"江戸っ子おじさん"西村喜廣の特殊メイク子供ワークショップ」

2015/10/06

 

レポート by したコメサポーター 宮川智里

写真 by したコメサポーター 高部哲男

 

"生粋の江戸っ子"西村喜廣監督による「"江戸っ子おじさん"西村喜廣の特殊メイク子供ワークショップ」が行われました。予約がすぐに一杯になった大人気ワークショップで、集まった子供たちは当日をとても楽しみにしていたようです。


最初に西村監督から特殊メイクについての説明があり、見本として1人の子供の腕に傷のメイクを施す様子を皆に見せながら、手順を説明していきます。


s2_takabe_MG_1026.jpg


初めての特殊メイクに子供達も興味津々で皆食い入るように様子を伺っていましたが、血が彩色されたりと傷が生々しくなるにつれ「うわ~」と声が出はじめ、徐々に大人しくなっていく子供達。


その様子を感じた監督曰く「メイクされた人は大人の俳優さんでもテンションが下がる」とのことで、完成度の高さを改めて実感しました。


s3_takabe_MG_0997.jpg


しかし、あっという間に慣れてすぐに楽しみ出す子供たち。適応能力の高さはさすがです!
その後自分自身で特殊メイクを行うことに。ツノやボルト、目玉から好きなものを選んで好きな場所に貼りつけ彩色して完成。
出来上がるころにはすっかりゾンビや妖怪になりきっていたり、空想のお話で盛り上がっていたりと本当に楽しそうでした。


s5_takabe_MG_0963.jpg


s1_takabe_MG_1034.jpg


s6_takabe_MG_0967.jpg


s9_MG_1056.jpg


s4_takabe_MG_0961.jpg
※大場チーフDも挑戦!


最後の記念撮影でポーズを決めて終了。大盛り上がりのワークショップとなりました。

s8_takabe_MG_1074.jpg


関連プログラム:
「"江戸っ子おじさん"西村喜廣の特殊メイク子供ワークショップ」

ニュース一覧
携帯サイト SHITA COME Mobile

ページトップへ

© 2014 Old Town Taito International Comedy Film Festival.