▼バンジョン・ピサンタナクーン (Banjong Pisanthanakun)

タイ・チュラーロンコーン大学で映画を学ぶ。2000年、初の短編『Plae Kao』がクリック・ラジオのコメディ短編コンペティションの作品賞と脚本賞にノミネートされる。その後も短編制作を続け、国内外の映画祭で高い評価を受ける。2004年、長編映画監督のデビュー作となった『心霊写真』はタイの年間興行収入を記録し、大ヒットとなった。

関連プログラム:
特別招待作品 『愛しのゴースト』


© 2014 Old Town Taito International Comedy Film Festival.