短編コンペティション したまちコメディ大賞2013 - 第6回したまちコメディ映画祭in台東
短編コンペティション したまちコメディ大賞2013

2013年9月15日(日) 開場10:00/開演10:30
開催場所:浅草公会堂 

短編コンペティション したまちコメディ大賞2013の画像
 

プログラム概要
今年で5回目となるコンペ部門「したまちコメディ大賞」。
20分以内のオリジナル・コメディ作品の中から、入選作品と「U-25特別枠」作品を上映します。
今年も魅力的な審査員を迎え、会場の皆さんと一緒に栄えある『グランプリ』『準グランプリ』『観客賞』を決定します!
コメディ界の未来を開く新たな才能がはばたく瞬間に、立ち会いましょう!



チケット情報

【料 金】
前売1,300円/当日1,500円/自由席





【審査員】
内田けんじ佐々木史朗みうらじゅんいとうせいこう


★作品の上映と、審査員による講評、授賞式を行います。

プログラム終了予定 16:00

※内容、ゲスト及びトーク、終了時間は予告なく変更になる場合がございますので、ご了承ください。

審査員の皆さん
審査員の皆さん
内田けんじ監督、佐々木史朗さん、みうらじゅんさん、いとうせいこうP(写真左上から)

 
 

グランプリ・観客賞受賞作品

『おとなになりたくて』(黒田将史監督)が「グランプリ」「観客賞」 のダブル受賞!おめでとうございました!
『おとなになりたくて』(黒田将史監督)が「グランプリ」「観客賞」ダブル受賞!
賞状、トロフィー、そして賞金50万円が贈呈されました。おめでとうございました!
受賞者と審査員

『おとなになりたくて』
(2013年/日本/19分50秒/実写)
監督:黒田将史

中2になりたての「まー坊」と「たもつ」。不良におちょくられ、見返すために、背伸びをして悪いことをしようと企むが・・・。


『おとなになりたくて』の写真


準グランプリ受賞作品

『おっさんスケボー』(新井健市監督)が、準グランプリを獲得しました!おめでとうございました!
『おっさんスケボー』(新井健市監督)が、準グランプリを獲得しました!
賞状、トロフィー、そして副賞でセイコーエプソン株式会社よりプロジェクター「ドリーミオ」とモバイルスクリーンが贈呈されました。おめでとうございました!

『おっさんスケボー』
(2012年/日本/4分20秒/実写)
監督:新井健市

スケボーの練習をしている若い男の前に、スケボーを売ってくれと理不尽にせがむおっさんが現れる。なぜ、おっさんはスケボーを売ってくれとせがむのか!?




『おっさんスケボー』の写真


新井監督ならびに、入選監督には、参加賞として「浅草うまいもの会」よりお食事券5000円分が贈呈されました。
皆さまありがとうございました。




入選作品


『イメージクラブ』
(2013年/日本/16分44秒/実写)
監督:吉田衣里

家族にも見捨てられそうなウダツのあがらぬ男が、ある夜、通りがかりに見つけたイメクラに立ち寄る。しかしそこは普通のイメクラではなかった…。


『イメージクラブ』の写真

『おめん』
(2013年/日本/20分/実写)
監督:西本真希子、吐山由美

<「したまちコメディ大賞2012」U‐25特別賞 シード作品>

15歳の少年・よしまさと喫茶店の店主が、あるお面をきっかけに出会い、そこから奇妙な友情ストーリーが始まる…。


『おめん』の写真

『通勤ラッシャーズ』
(2013年/日本/9分8秒/アニメーション)
監督:野中晶史

朝の眠気に耐えながら会社へ向かい、夜のヘトヘトに耐えながら家に帰るサラリーマン。彼らは通勤ラッシュのプロフェッショナル、「通勤ラッシャーズ」だ!


『通勤ラッシャーズ』の写真

『なめくじ劇場 ザ・ムービーtake2.22』
(2013年/日本/18分33秒/実写)
監督:松村慎也

<オムニバス映画>
①「夫婦~めおと~」ふとしたことでズレていく夫婦の関係。
②「いちゃ」噛みまくる医者の残念な話。
③「アウト園児」アウトな園児の一大抗争。


『なめくじ劇場 ザ・ムービーtake2.22』の写真

『なんにもでてこない話』
(2012年/日本/20分/実写)
監督:片岡翔

「あの映画の、あの俳優名前なんだっけ?」「どの映画?」「ほら、あの…」「誰?」どんなに思い返しても名前が出てこない経験は、歳ともに増えてくる。そんな人生の悲哀を描いた男と女の物語。


『なんにもでてこない話』の写真

『ネオ桃太郎』
(2013年/日本/19分58秒/実写)
監督:小田学

大学生の映画サークルのお話。


『ネオ桃太郎』の写真

『もしもし、詐欺ですけど』
(2013年/日本/14分58秒/実写)
監督:後藤庸介

追突事故を起こしてしまったリョータは、ヤクザに示談金を要求される。実家に電話をしてお金の用意を頼むリョータだが、母・その子の返事は「あなたがあなたである証拠は?」


『もしもし、詐欺ですけど』の写真

『ゆびわのひみつ』
(2012年/日本/16分/実写)
監督:谷口雄一郎

水本知子と進藤健二は同棲して早数年。ある日、知子は仕事先の進藤から「忘れ物を 探して欲しい」との電話を受ける。忘れ物を探す知子。しかし、知子は忘れ物の代わ りに"あるもの"を見つけてしまう…


『ゆびわのひみつ』の写真
(C) Hero No.1 Films




U‐25特別枠作品

「U-25特別枠」とは?

通常の入選作品とは別に、25歳以下の監督による優秀な作品を「U-25特別枠」作品として選出、
最終審査へ進出した作品のことです。


『ナツメグ』
(2012年/日本/19分30秒/実写)
監督:小田憲和

2012年7月11日。オカルト研究会の仲間たちは、瀬賀先輩の遺品の中にあった、"割ったら時間が戻る"という時間を司る不思議な像の力を実証してみることに…。


『ナツメグ』の写真

『Frill』
(2012年/日本/7分/アニメーション)
監督:久保有紗、佐藤真美子

自らの姿に自信をなくし、砂漠をさまよった末、たどりついたある一軒家。そこで、主人公は不思議な体験をする…。


『Frill』の写真



招待作品


「したコメ大賞」歴代参加監督が集結?! 台東区フィルムコミッション支援作品

『ギャラクティカ同棲時代☆キッキとチェリリン』ワールドプレミア
(2013年/日本/30分(予定)/実写
脚本/監督:小林でび
出演:小林でび、小笠原結、天野千尋、蔭山周、山本圭祐、渡猛、いとうせいこう ほか
特撮:澤田裕太郎

浅草の街に宇宙人のフォークデュオがあらわれた!宇宙人カップルの明日はどっち だ!?


『ギャラクティカ同棲時代☆キッキとチェリリン』


「短編コンペティション したまちコメディ大賞2013」募集要項はこちら
上映プログラム(特別招待作品)
特集上映/企画
インフォメーション・展示
カウントダウンイベント
したコメサポーターズクラブ主催カウントダウンイベント
関連イベント

    • 第26回東京国際映画祭提携企画
    • したコメ携帯サイト
    • したコメ on USTREAM
    • 協賛・協力
    • したこめリンク
    • したまち演劇祭
    • 台東区
    • たいとうおでかけナビ
    • 台東区フィルム・コミッション
    • 台東区文化探訪

ページトップへ