ニュース

歌とダンスのつるべ打ち!特別招待作品「アイ・ドゥ・ビドゥビドゥ」

2013/09/16

 

レポート by したコメサポーター 服田恵美子

 

ついにしたコメ最終日!

関東地方を台風が襲う中、暴風雨を吹き飛ばすくらい、

はじけまくったミュージカル映画『アイ・ドゥ・ビドゥビドゥ

東京都美術館で上映されました!!

 

ミュージカル映画といえばインドが有名ですが、フィリピンもかなりのものです。

インド映画が物語の間に歌とダンスが挟まれるならば、

『アイ・ドゥ・ビドゥビドゥでは歌とダンスで物語が進んでいきます!

 

フィリピンの伝説的バンドAPO Hiking Societyのヒットナンバーにのせて、

庶民的な家庭に育った青年ロックと、大富豪のお嬢様トレイシーのラブストーリーを、

キュートに、ロマンチックに描きます。

 

上映前の舞台挨拶には、映画パーソナリティのコトブキツカサさんが登場!

「ミュージカルファンだったら、よだれが出そうな、本当にミュージカル要素が

詰まった映画」、

さらに「ミュージカル映画はなぜ歌うのか、踊るのか。それは演者の気持ちを

歌に載せているから。それが詰まっていれば詰まっているほど、演者の気持ち

が分かる」と本作の魅力を語ってくれました!


0916ido006.jpg

 

大のミュージカル好きというコトブキさん。

ミュージカルの歴史を、オペラから始まり、オペレッタ、トーキー映画へとつながって、

近年のエポックメーキングな作品「ダンサー・イン・ザ・ダーク」、「ムーランルージュ」を

経て34年ぶりにアカデミー作品賞を獲得したミュージカル映画「シカゴ」まで、

ひじょうに熱く!詳しく!解説してくれました。


0916ido007.jpg

 

フィリピンはカラオケが盛んで、歌のレベルがとても高いそうです。

確かに映画の中でも、出てくる人みんな上手い!

主役はもちろん、脇役の子供から、おじさんおばさんまで、驚くようなクオリティです!!

おっと歌だけでなく、大勢の学生たちによる群舞シーンなども鳥肌ものですよ!


0916ido008.jpg

 

こんな映画があるんだ、フィリピンはすごい!世界は広い!と嬉しくなる映画です。

したコメでは、これからもそんな作品を発掘していきます!!

ご期待ください!



 

プログラム:特別招待作品 『アイ・ドゥ・ビドゥビドゥ』

 

ニュース一覧
携帯サイト SHITA COME Mobile

ページトップへ