ニュース

第2回DVDスルー・コメディ大賞開催!

2013/09/16

 

レポート by したコメサポーター 山中さやか

写真   by したコメサポーター    吉岡茂


好評につき、昨年に引き続き2回目の開催となった

DVDスルー・コメディ大賞」。

2012年8月~2013年7月にリリースされた、

劇場公開されずにDVD、ブルーレイ化された"DVDスルー"

作品の中から、5本のノミネート作品を選出、

雑誌「DVD&ブルーレイでーた」での投票により、

"最も笑える映画"を決定するこの企画


0916dvd001.jpg

 

今年は『伝説のロックスター再生計画!』

が大賞に選ばれました!


0916dvd002.jpg


MCの大場しょう太「したコメ」チーフ・ディレクター、

雑誌「DVD&ブルーレイでーた」編集部の新井京子さんが登壇。

ノミネート作品の解説の後、授賞式へ。

授賞式では、ミッドシップの下橋さんにトロフィーを授与。

授賞の経緯や、邦題と原題の違いなどを話されました。


0916dvd003.jpg

 

授賞式のあとは、いよいよ大賞作品の上映!

今や注目のラッセル・ブランドとジョナ・ヒルが主演。

男性の熱い友情を描く"ブロマンス(ブラザーロマンスの略)"作品。

スランプ中の伝説的ロッカーの復活劇に、

大笑いしながらも最後はホロッとしてしまいました。

 

上映後は、「DVD&ブルーレイでーた」で連載を持っている

精神科医・シネマセラピストの名越康文さんをゲストに迎え、

解説していただきました。


0916dvd004.jpg


特に「これがロックンロールだ」というセリフの解釈には

熱がこもりました。

名越さんは、

「ロックンロールは一人で生きて行くのを受け入れること」。

「まだ僕たちはロックンロールを消化しきれていない。

でも実は仏教は一人で生まれ一人で死んでいく、ロックなんです」

と独自の視点で熱く解説。


0916dvd005.jpg


爆笑のコメディ作品とは思えぬマジメな分析に、

お客様も熱心に聞き入っていました。


 

プログラム:「DVD&ブルーレイでーた」presents 第2回DVDスルー・コメディ大賞

 

ニュース一覧
携帯サイト SHITA COME Mobile

ページトップへ