ニュース

前夜祭 『きっと、うまくいく』 マサラシステム上映で盛り上がる!

2013/09/13

 

レポート by したコメサポーター 服田恵美子
写真 by したコメサポーター   大桃一総

 

前夜祭を飾ったオープニング作品は、インド映画「きっと、うまくいく」です!

 

本作は第3回したまちコメディ映画祭で『3バカに乾杯!』というタイトルで上映され、

その後、インド映画歴代興行収入第1位を記録する大ヒット作となりました。

満を持しての凱旋上映です!!

 

今年はインド映画100周年記念にあたり、特別ゲストとしてインド大使館から

ラジェシュ・N・ナヤカ三等書記官がおいでになりました。


09133idiot001.jpg


最初に日本語で感謝の意を伝えられた後で、

「日本の皆さんに、頭ではなく心で楽しんでほしい」と語って下さいました。

 

さらに会場にはインドダンサーも登場!

鮮やかな色彩のサリーがひるがえる様子は、美しい花が舞っているようでした。

華麗なダンスが披露され、客席からは手拍子や口笛が湧き起こりました。

入場時に配られたクラッカーをならす、気の早いお客様までいらっしゃいました!


09133idiot002.jpg


映画を見るのになぜクラッカー?と疑問を持たれた方へ、

「マサラシステム」についてご説明します。

インド映画特有の鑑賞の仕方で、映画に参加していくスタイルです。

主役の活躍には拍手と歓声を上げ、敵役には遠慮なくブーイング。

もちろんダンスシーンでは一緒に歌い踊ります!

クラッカーや紙ふぶきも飛び交い、それはもう大騒ぎです!!

ラジェシュ書記官も、

「インドでは映画を見る時に、登場人物たちとともに踊って歌います」

と太鼓判を押しています!

 

そのため、観客の皆さんにクラッカーを配布したのです。

これまでのしたコメでもマサラシステムを試みてきましたが、今年も大成功!

映画とともに笑い、泣き、歓声が上がる、あっという間の170分でした!

クライマックスでは大拍手!!!

劇中で何度も歌われる歌「アール・イズ・ウェル(=きっと、うまくいく)」の

合唱まで起こりました。

 

映画をより楽しむ方法を、したコメはどんどん取り入れていきます!

来年のしたコメも要チェックですよ!





---<速報レポート>-----

今夜は前夜祭!

オープニング作品はインド映画「きっと、うまくいく」でした。

今年はインド映画100周年記念でもあり、

なんと特別ゲストにインド大使館から

ラジェシュ・N・ナヤカ三等書記官がおいでになりました!

「日本の皆さんに、頭でなく心で楽しんでほしい。

インドでは映画ともに、踊り歌います」と、

楽しみ方を語って下さいました。

会場にはインドダンサーも登場し、美しい衣装を花のように広げながら、

舞いを披露してくれました!

手拍子や口笛が沸き起こり、

盛り上がったボルテージはそのまま映画本編へ。

歓声を上げ、クラッカーを鳴らし、映画のタイトルでもある

「きっと、うまくいく」という意味の「アール・イズ・ウェル」の合唱も起こり、

「マサラシステム」は日本でも大成功!

明日からの本祭に期待が高まります!!

 

 

プログラム:前夜祭 インド映画100周年記念/凱旋上映 『きっと、うまくいく』

 

ニュース一覧
携帯サイト SHITA COME Mobile

ページトップへ