したまちコメディ大賞2012 - 第5回したまちコメディ映画祭in台東

プログラム

film

短編コンペティション したまちコメディ大賞2012

2012年9月16日(日) 開場15:10/開演15:30
開催場所:浅草中映劇場 

したまちコメディ大賞2012審査員
プログラム概要
今年で4回目となるコンペ部門「したまちコメディ大賞」。20分以内のオリジナル・コメディ作品の中から、入選作品と「U-25特別枠」作品を上映します。今年も魅力的な審査員を迎え、会場の皆さんと栄えある『グランプリ』『準グランプリ』『観客賞』『U-25特別賞』を決定します! コメディ界の未来を開く新たな才能がはばたく瞬間に、一緒に立ち会いしましょう!

アバンタイトル吐山由美・西本真希子したまちコメディ大賞2011グランプリ受賞者)
★作品の上映と、審査員による講評、授賞式を行います。

プログラム終了予定 20:30
※内容、ゲスト及びトーク、終了時間は予告なく変更になる場合がございますので、ご了承ください。
チケット情報
【料  金】 前売 1,300円/当日 1,500円/自由席
審査員の皆さん
審査員の皆さん
いとうせいこうP、リリー・フランキーさん、小倉久寛さん、根岸吉太郎さん(写真左から)

グランプリ・観客賞受賞作品
『フィガロの告白』(天野千尋監督)が「グランプリ」「観客賞」 のダブル受賞!おめでとうございました!
『フィガロの告白』(天野千尋監督)が「グランプリ」「観客賞」ダブル受賞!
おめでとうございました!
受賞者と審査員

『フィガロの告白』 
(2012年/日本/20分/実写)
監督:天野千尋
夏休み。いつもの秘密基地に集まる、ヨネ、カゲやん、ナオヤ、岩さんの中学生男子4人組。エロトークで盛り上がり、妄想を膨らませ、ついに好きな女子への告白大会を決行することに。
『フィガロの告白』の写真

準グランプリ作品
『こんにちは赤さん』(谷坪明英監督)が、2010年出品『明日のれるかな』に続き入選、今回は、準グランプリを獲得しました!
『こんにちは赤さん』(谷坪明英監督)が、2010年出品『明日のれるかな』に続き入選、今回は準グランプリを獲得しました!

『こんにちは赤さん』 
(2012年/日本/20分/実写)
監督:谷坪明英
若い夫婦に待望の赤ちゃんが産まれた。しかしその子はすでに「おっさん」の風格が…。言葉は慇懃なのに気を抜くと赤ン坊丸出し。おっさんベイビーに戸惑う母と父…。
『こんにちは赤さん』の写真
(C)2012 TEAM BALBOA

U-25特別賞作品
『やぶカン!』(吐山由美監督、西本真希子監督)が2年連続の受賞!来年度の最終審査シード権を獲得し、3年連続の参加が決定しました!
『やぶカン!』(吐山由美監督、西本真希子監督)が、2年連続の受賞!来年度の最終審査シード権を獲得し、3年連続の参加が決定しました!

『やぶカン!』 
(2012年/日本/19分7秒/実写)
監督:吐山由美 西本真希子
おせっかいで、めっちゃうるさいオカン。あんなオカンには、なりたくない!!
『やぶカン!』の写真

他の皆さんも、素晴らしい力作をありがとうございました!

入選作品
『こたつ魔人』『こんにちは赤さん』『sugar coat』『1010−sentou−』
『なめくじ劇場 ザ・ムービー』『フィガロの告白』『二人』『木曜日午後8時』『やぶカン!』  ※50音順

U-25特別枠作品
『ハトになるまで』『ひとめぼれ』  ※50音順

いとうせいこう推薦作品
『京太の放課後』
◆入選作品

*黒木敬士監督『帰省』につきましては、応募規約により入選から除外されましたので、どうぞご了承ください。

『こたつ魔人』 
(2012年/日本/19分58秒/実写)
監督:岩井澤健治
吉郎は一人静かに大晦日をこたつで過ごす筈だったが、毎年現れる謎の男、後藤に翻弄される。
『こたつ魔人』の写真

『sugar coat』 
(2012年/日本/2分55秒/アニメーション)
監督:東郷拓郎、金本有里彩
『sugar coat』は「糖衣」のほかに「オブラート」「嫌なことを包み隠す」といった意味も持つ。これは、女性に隠し事をしている男の物語。
『sugar coat』の写真

『1010−sentou−』 
(2011年/日本/6分49秒/実写)
監督:木村修一
銭湯が人々の社交場だった頃、子供達に大人気だったヒーロー番組「レッドマスク」。レッドマスク役の早乙女と好敵手役の日下部は撮影後に銭湯で共に汗を流し友情を築いていた。
『1010−sentou−』の写真

『なめくじ劇場 ザ・ムービー』 
(2012年/日本/9分48秒/実写)
監督:松村慎也
オムニバス映画<菊地>テレビショッピングのオペレーターが話を聞かない。クレーマーと化す男だが…。<四番 後藤>新人女子アナが気難しい名監督へのインタビューに臨むが…。


『なめくじ劇場 ザ・ムービー』の写真

『二人』 
(2012年/日本/13分38秒/実写)
監督:小田学
バイトの先輩・山本に川原に呼び出された渡辺。恋の告白と思いきや、二人揃って両手を上げてUFOを呼ぶことに。クリスマスを前に二人の前に現れたのは、果たして…。
『二人』の写真

『木曜日午後8時』 
(2012年/日本/10分37秒/実写)
監督:小原正至
内藤は地元の先輩村上に呼び出され小さな飲食店に向かう。店に入るともう一人の先輩高橋がいる。高橋にある悪巧みをさせたい村上から、内藤は高橋の説得を頼まれる。
『木曜日午後8時』の写真
◆U-25特別枠作品

【「U-25特別枠」「U‐25特別賞」とは?】
通常の入選作品とは別に、25歳以下の監督による優秀な作品を選出、「U-25特別枠」作品として最終審査へ進めます。入選作品も合わせた全12作品のうち、25歳以下の監督による最も優秀な作品へ「U-25特別賞」を授与。次年度の「したまちコメディ大賞」最終審査へのシード権が獲得できます!
『ハトになるまで』
(2011年/日本/5分42秒/アニメーション)
監督:村本咲
2羽のハトの雛が1つの餌をめぐって、争ったり遊んだりしながら大人のハトへと成長して行く。
[U‐25特別賞対象作品]
★「U-25特別賞」対象作品
『ハトになるまで』の写真
『ひとめぼれ』
(2011年/日本/5分55秒/アニメーション)
監督:大城良輔
「恋」は突然始まることがある。それは一方的な感情で「ひとめぼれ」である。その感情は男と女分け隔てなく誰もが自由にあるべき。とある大学生達の恋心ストーリー。
★「U-25特別賞」対象作品
『ひとめぼれ』の写真
◆いとうせいこう推薦作品
『京太の放課後』
(2012年/日本/20分/実写)
監督:大川五月
京太はシングルマザーの絹子とふたり暮らし。彼には手放せない2つのアイテムがある。それは、使い古した英単語帳と防災ずきん。ある日京太の学校に、震災以来イギリスに帰っていた英語教師ティムが戻ってくる。
『京太の放課後』の写真
(C)京太の放課後
「短編コンペティション したまちコメディ大賞2012」募集要項はこちら

上映プログラム(特別招待作品)
特集上映/企画
インフォメーション・展示
カウントダウンイベント
したコメサポーターズクラブ主催カウントダウンイベント
関連イベント

    • したコメ携帯サイト
    • したコメ公式facebook
    • twitterでもしたコメ情報配信中!
    • したコメ on USTREAM
    • したコメブログ
    • 協賛・協力
    • したこめリンク
    • したまち演劇祭
    • 台東区
    • たいとうおでかけナビ
    • 台東区フィルム・コミッション
    • 台東区文化探訪

ページトップへ

  • 利用規約
  • サイトマップ