ニュース

【レポート】「映画秘宝」presents 映画秘宝まつり

2012/09/28

レポート by したコメサポーター 斎藤義久

 

 

毎年大人気の企画「映画秘宝まつり」は、

今年はなんとホラー作品『キャビン・イン・ザ・ウッズ』の上映でした。

 

チケットも例年どおり完売で、会場となった浅草公会堂は、

開演前から熱い熱気に包まれました。

 

映画はホラーにも関わらず、恐怖と同時に、思わず笑いたくなるような快作。

いろんな映画を観てきた町山さんでさえ、「ホラーかコメディかわからない」

と思ったほどだそうです。

 

0916hihou003.JPG

 

上映終了後は、みなさんお待ちかねのメインイベント。

映画評論家の町山智浩さんと、博学で知られる水道橋博士さんによる、

超解説&超レア話が聞ける阿鼻叫喚のトークショーの始まりです。

 

壇上には奇妙なコスプレの町山さんと水道橋博士さんが登場。

舞台の端っこに座り込んで、まるで自宅で雑談するような雰囲気の

トークショーになりました。

 

0916hihou004.JPG

 

スクリーン上には、『キャビン・イン・ザ・ウッズ』のカットをはじめとして、

トークの内容に合わせた写真や映画のカットが次々に映し出され、

壇上のトークはどこまでも盛り上がります。

 

さらに今年は、水道橋博士さんが1週間かけて製作した、

「<町山智浩>の見方がわかる年表」が、

お客さん全員に配布されました。

この年表を元に、なぜか『キャビン・イン・ザ・ウッズ』の名場面を解説。

 

0916hihou001.JPG

 

もちろん、「秘宝まつり」恒例の、イベントにお越しいただいたお客さんだけが聞けた、

ちょっとアブナイ話なども次々に飛び出して、さらにヒートアップ!

トークの着地点が見えない緊迫感にも包まれて、

会場は爆笑の渦に巻き込まれました。

 

『キャビン・イン・ザ・ウッズ』の上映については

映画祭ではHDカムでの上映しましたが、来年春の劇場公開は

DCPで上映となり映像の質感も変わり、また町山智浩氏字幕監修でさらに

楽しめる内容になります。またしたコメとは違った映像でお楽しみいただけますので

来年の公開をどうぞ楽しみにしてください!

 

 

プログラム: 「映画秘宝」presents 映画秘宝まつり

このカテゴリのニュース一覧

携帯サイト SHITA COME Mobile

ページトップへ