ニュース

【レポート】熱気あふれるレッドカーペット!

2012/09/21

レポート by したコメサポーター 山中さやか

写真 by したコメサポーター  吉岡茂

 

 

晴れ渡る青空の下、恒例の浅草ジンタさんの演奏でスタートしたレッドカーペット。司会のお二人が浴衣姿で現れると、一気に下町らしい雰囲気に。まず台東区や映画祭に縁のあるキャラクター達が一堂に会した後は、人力車に乗ってゲストが次々と登場。豪華ゲストの連続に会場のテンションは上がりっぱなしでした。

 

【詳細レポート!】

浅草ジンタさんの演奏のあとは、台東区のまもり神「台東くん」や浅草カッパ「あいかちゃん」など総勢6キャラクターが登場。滅多にないチャンスに、多くのカメラが向けられました。

 

0915PC001.jpg

 

まず人力車に乗って登場したのは、したコメ総合プロデューサーいとうせいこうP。そして吉住弘台東区長、青柳雅之区議会議長から、5回目となる喜びとお客様への感謝の気持ちが述べられました。

 

続いて、たいとう観光大使の桐谷逸夫さん・エリザベスさんご夫妻、友吉鶴心さん、したコメ応援人の内海桂子さんが、下町への思いを語りました。

 

0915PC002.jpg

 

リスペクトライブで司会とライブを務めるポカスカジャンの皆さんは、恒例の「ガリガリ君のうた」を披露し、会場を沸かせます。

 

さらに映画『紙兎ロペ』より、レディー・ガガになりきったLiLiCoさんと一緒に、ロペとアキラ先輩が登場しました。

 

0915PC003.jpg

 

続いて『メンゲキ!』からは、青柳翔(劇団EXILE)さん、秋山真太郎(劇団EXILE)さん、天野浩成さん、脚本の小沢一敬(スピードワゴン)さんが登場。イケメン軍団に会場のテンションも上がります。小沢さんは「みんなでレッドカーペットで満点大笑いがとれるようにがんばります」と意気込みを語りました。

 

オープニングアクトを務める山崎バニラさんの後は、インドからのゲスト『ボス その男シヴァージ』のシュリヤー・サランさんが華やかな民族衣装に身を包んで登場。「コンニチハ!」と日本語で挨拶し、拍手が起こりました。

 

0915RC005.jpg

 

最後は『TOKYOてやんでぃ〜The Story Teller's Apprentice〜』から監督はじめ総勢14人が参加。賑やかなレッドカーペットとなりました。

 

0915RC006.jpg

 

 

【参加者コメント】

いとうせいこうP
「年々レッドカーペットが派手になっていて、うれしく思います」

内海桂子さん
「今年で90歳になりました。浅草生まれで、90になってこういう場に出られることは嬉しいです」

小沢一敬さん
「映画の脚本を書くのは初めて。見た後にラーメンを食べたくなるように書くのが大変でした」

山崎バニラさん
「レッドカーペットは初参加です。映画のはじまりはコメディ映画だったと思うので、コメディ映画祭はずっと続いてほしいです」

シュリヤー・サランさん
「人力車に乗るのは初めてでした。人力車の人も、ここに来るまでの日本の方々もみんなニコニコしていて良かったです」

小松政夫さん
「3年連続参加していますが、レッドカーペットは初参加です。下町のレッドカーペットを誇りに思います」

黒田福美さん
「土地柄にふさわしい映画をみなさんに見ていただけて嬉しいです」

伊藤克信さん
「オープニング作品はうれしいです。この作品がオープニングでなくて、どの作品がオープニングを飾るのかと思います」

 

 

プログラム:「したコメ」レッドカーペット

このカテゴリのニュース一覧

携帯サイト SHITA COME Mobile

ページトップへ