したまちコメディ大賞2011 - 第4回したまちコメディ映画祭in台東

プログラム

film

したまちコメディ大賞2011

2011年9月18日(日) 開場14:45/開演15:00
開催場所:浅草中映劇場 

したまちコメディ大賞2011審査員
プログラム概要
今年で3回目となるコンペ部門「したまちコメディ大賞」。20分以内のオリジナル・コメディ作品の中から、入選10作品と今年新設された「U-25特別枠」作品2作品を上映する。 今年も強力な審査員を迎え、会場の皆さんと栄えある『グランプリ』『観客賞』『U-25特別賞』を決定! したコメから才能あふれる映像作家を発掘しよう!

「U-25特別枠」「U-25特別賞」とは?
ゲスト 高野雄宇(したまちコメディ大賞2010グランプリ受賞者)
★作品の上映と、審査員による講評、授賞式を行います。

プログラム終了予定 20:00
※内容、ゲスト及びトーク、終了時間は予告なく変更になる場合がございますので、ご了承ください。
チケット情報
【料  金】 前売 1,000円/当日 1,200円/全席自由
審査員の皆さん
審査員の皆さん
いとうせいこうP、山田雅子さん、笹野高史さん、本広克行監督(写真左から)

今年度グランプリ・観客賞・U-25特別賞受賞作品
『じ ぞ う』(吐山由美監督、西本真希子監督)が「グランプリ」「観客賞」「U-25特別賞」の三冠受賞!おめでとうございました!
『じ ぞ う』吐山由美監督、西本真希子監督)が「グランプリ」「観客賞」「U-25特別賞」三冠受賞!
おめでとうございました!
他の皆さんも、素晴らしい力作をありがとうございました!
受賞者と審査員

『じ ぞ う』
(2011年/日本/20分/実写)
監督:吐山由美、西本真希子
京都を舞台に、お地蔵さんとその前を通る町の人々のお話。
いつも同じ場所で目の前を通る人を見ては蔑んでいるお地蔵さん。
そんなひねくれたお地蔵さんの心境の変化を描く。
『じ ぞ う』の写真

入選作品
『あらかわ刑事』(2011)『いらないラヴ』(2011)『ENCOUNTERS』(2011)『おしえて!昭和のワークマン』(2011)
『じ ぞ う』(2011)『スキャンダル!』(2010)『空のアリ』(2011)『ニービチの条件』(2011)『Brush』(2010)
『ミサリー』(2011)

U-25特別枠作品
『二人三脚』(2011)『引っ越しと定住を繰り返す生活』(2011)
※50音順
◆入選作品
『あらかわ刑事』 
(2011年/日本/13分6秒/実写)
監督:吉富大倫
大人気刑事ドラマ「あらかわ刑事」の撮影中に事件に巻き込まれる“あらかわ太郎”こと佐々木。
本物の事件とは気づかずに役になりきったまま、彼は凶悪事件に立ち向かう。
『あらかわ刑事』の写真

『いらないラヴ』
(2011年/日本/11分1秒/実写)
監督:EPIGONEN
大手文具メーカーに勤めるごく普通のOL珠子。
ある朝通勤途中に、突然彼氏から電話で別れを告げられショックを隠せない。
すると、見知らぬ男につけられていることに気付く。
『いらないラヴ』の写真
© EPIGONEN

『ENCOUNTERS』
(2011年/日本/20分/人形)
監督:飯塚貴士
失意の底にいた青年マックスを心配し、田舎旅行へと連れ出したジョン。
のどかな風景や野良犬キフネに癒され次第に元気を取り戻していたが、謎の怪物が現れ状況が一変する。
『ENCOUNTERS』の写真

『おしえて!昭和のワークマン』
(2011年/日本/8分/実写)
監督:鈴木研一郎
地方局のお昼の番組で、ちょっとした事件が起こる!
インタビュアーもびっくり! 一見普通に見える老婆の口から抱腹絶倒の珍回答が続出!
『おしえて!昭和のワークマン』の写真

『スキャンダル!』
(2010年/日本/19分59秒/実写)
監督:伊藤陽佑、佃尚能
映画館での初日舞台挨拶。会場に記者や観客がつめかける。
目当ては新人女優と巨匠監督の「スキャンダル」。
逃げる女優と追う野次馬の心理戦を描いたミュージカル映画。
『スキャンダル!』の写真

『空のアリ』
(2011年/日本/6分5秒/アニメーション)
監督:唐澤和也
のけ者にされている一人のおじさんと地上に迷い込んだ一匹の「アリ」。
日常にうんざりしていたおじさんは、期待と不安を胸に秘めながら「アリ集め」を始める。
『空のアリ』の写真

『ニービチの条件』
(2011年/日本/19分42秒/実写)
監督:岸本司
数年前に家出して今は東京に住む栄一は、結婚報告のため沖縄へ戻る。
しかしヤマトンチューである汐里を認めたくない母とオバアは、沖縄の嫁に必要な条件を2人に出す。
『ニービチの条件』の写真

『Brush』
(2010年/日本/7分48秒/実写)
監督:瀬戸裕介
子供の頃“モノ”を“モノ”ではなく“ヒト”のように見ていた純粋な心があったのでは?
そんな気持ちを表現した歯ブラシのラブストーリー。
今もそんな心ありますか?
『Brush』の写真

『ミサリー』
(2011年/日本/17分/実写)
監督:大森研一
気性の荒い主婦・片瀬ミサ。学生時代のアダ名は「ミサリー」。
融通の利かない宅配業者が訪ねてきたのを期にスイッチが起動。
宅配くんを自分の理想通りしつけようと息巻く。
『ミサリー』の写真
『二人三脚』
(2011年/日本/3分48秒/実写)
監督:森昭太
運動会の数ある種目の中で最も熱く、エキサイティングな競技、それが二人三脚。
そんな二人三脚の聖地「足長市」では今年も市内ナンバー1を決める大会が行われていた。
『二人三脚』の写真
『引っ越しと定住を繰り返す生活』
(2011年/日本/18分59秒/実写)
監督:阿部圭佑
アトリエのある浅草から恵比寿にあるギャラリーまで、一畳ほどの家を自力で引っ越すドキュメンタリー。
主人公は、一時定住し出会った人に展示の案内状を手渡していく。
『引っ越しと定住を繰り返す生活』の写真
「短編コンペティション したまちコメディ大賞2011」募集要項はこちら

ページトップへ

  • 利用規約
  • サイトマップ