ニュース

したまちマルシェ

2011/09/19
レポート by したコメサポーター 斎藤義久
写真 by したコメサポーター  佐藤啓二

0919marche sato.JPG

0919marche.JPG

今年初の試みであるカウントダウンイベントの1つとして、8月20日以降の土日を中心に、上野・浅草では、被災地復興支援を目的とした「したまちマルシェ」が開催されました。

【詳細をレポート!】


「したまちマルシェ」は、映画祭本番の9月18日、19日にも開催。したコメの会場、浅草中映劇場がある六区ブロードウェイ、そして浅草公会堂前には、福島、宮城、山形など被災された東北各県のブースが並びました。

新鮮な野菜や果物、漬物や名産品の直売に、道行く人々は興味深げに足を止め、大盛況。山のように積み上げられた桃や梨、キュウリやトマトなど、普段東京のスーパーなどでも馴染み深い品々が、東北から送られていたことを再確認できるラインナップで、そこが未曾有の被災に遭われたことに想いを馳せる機会にもなったと思います。
ブースの方々が、わかりやすく品々について説明したり、お客さんも質問したり応援したりと、まさに下町の商店街のような光景でした。会期中は晴天に恵まれたこともあり、最終日には、山積みされた名産品もほとんどなくなっていました。


このカテゴリのニュース一覧

携帯サイト SHITA COME Mobile

ページトップへ