ニュース

オープニング上映は『サラリーマンNEO 劇場版(笑)』

2011/09/17

レポート by したコメサポーター 清水俊哉


0929salaryman neo.JPG


オープニングセレモニーに引き続き、オープニング上映作品『サラリーマンNEO 劇場版(笑)』のゲストによる舞台挨拶が行われました。


【詳細をレポート!】


上映に先立ち、監督と出演者が舞台挨拶。吉田照幸監督は、「サラリーマンNEOが映画になります。と打ち上げの場でみんなに言ったら、悪い冗談だと思って、誰も反応すらしてくれなかった。それくらい、まさかの映画化です!」と感慨深いご様子。

本作、映画からの参加となる主演の小池徹平さんは、「劇場版からの新参者でものすごいプレッシャーを感じていましたが、以前から出演されている共演者の皆さんがうまくなじんでいると言ってくれたので、たぶん大丈夫かと(笑)」とコメント。

それを受けて、長く「サラリーマンNEO」に出演している堀内敬子さんが、「撮影前は小池さん大丈夫かな?ってみんなで話してたんですけど、この後観ていただいたらわかる通りです。私と背格好も髪型も似ているのが良かったのかも(笑)」と返し、笑いを誘いました。

伊東四朗さんは、「こういうコメディ映画に呼ばれたのがうれしいです。ひとひねりありますから、最後まで席を立たずに楽しんでください」と、映画の楽しみ方を伝えてくれます。

そして、生瀬勝久さんは、「小池くんとはドラマで先生と生徒の関係で一緒だったのが、こんな立派な役者になって、サラリーマン役をやるようになったんですよ... (笑)。それにしても、コメディ映画を宣伝するのは難しくて、観る前に面白いって言うとハードルが上がっちゃう。だからこの映画は失敗作です。大して面白くないということにしておきます(笑)」と、さすがのエンターテイナーぶりで会場を盛り上げます。

楽しい時間はあっという間に過ぎ、いよいよ上映へ。会場では終始ゲストへの声援が続き、ゲストの皆さんも会場の熱狂ぶりに喜びの笑顔を見せていました。


プログラム:特別招待作品『サラリーマンNEO 劇場版(笑)』





このカテゴリのニュース一覧

携帯サイト SHITA COME Mobile

ページトップへ