クレージーキャッツのクレージー・ナイト! - 第3回したまちコメディ映画祭in台東

プログラム

film

クレージーキャッツのクレージー・ナイト!

2010年9月17日(金) 開場21:30/開演22:00
開催場所:上野東急2 

クレージーキャッツのクレージー・ナイト!アイキャッチ画像
プログラム概要
植木等ショーを含む秘蔵映像や、クレージーを語り尽くすトークショーなど、見どころ盛りだくさんでお届けするオールナイト企画。朝までどっぷりクレージーに浸れる、特別ナイト!
チケット情報
【料  金】 前売 1,800円/当日 2,000円/全席自由
 
※オールナイト上映につき、18歳未満の方はご入場いただけません。

クレージーキャッツ特集
クロージングセレモニー&イベント コメディ栄誉賞授賞式
クレージーキャッツ リスペクトライブ
高田文夫プロデュース「クレージーキャッツ」特集
クレージー銀幕展示会(入場無料)

『ニッポン無責任時代』 
(1962年/日本/86分/東宝)
監督:古澤憲吾
出演:植木等、ハナ肇、重山規子、中島そのみ、団令子、谷啓、安田伸、犬塚弘、石橋エータロー、桜井センリ
メンバー総出演による記念すべき東宝クレージー映画第一弾。”人生で大事なことは、タイミング・C調・そして無責任”、主人公・平均(たいらひとし)の行動原理は、高度成長のニッポンそのもの。「無責任一代男」「スーダラ節」「ドント節」などヒット曲の数々もお楽しみ!
『ニッポン無責任時代』の写真
(c)東宝

『日本一のゴリガン男』 
(1966年/日本/94分/東宝)
監督:古澤憲吾
出演:植木等、浜美枝、進藤英太郎、野川由美子、藤村有弘、田中邦衛、藤田まこと
植木の「日本一の男」シリーズ第4弾。思わぬ事故で脳外科手術をしたため、頭の回転が超高速になった日本等(ひのもとひとし)は、電話帳一冊で、次々とビッグビジネスをものにする。スーパー・サラリーマンの常識破りの行動の爽快感! 人見明と植木等の「シビレ節」デュエットも必見!
『日本一のゴリガン男』の写真
(c)東宝

『喜劇 負けてたまるか!』ジャパンプレミア
(1970年/日本/91分/東宝)
監督:坪島孝
出演:谷啓、浜美枝、飯田蝶子、平田昭彦、柏木由紀子、人見明、弓恵子、砂塚秀夫、奥村チヨ、犬塚弘、小松政夫
野坂昭如原作による高度成長時代のCM業界の内幕を描いたコメディ。谷啓が、「もはや戦後ではない」といわれた昭和31年から昭和40年代のモーレツ時代を、アイデアでたくましく生き抜いていく広告マンを熱演。谷啓と名コンビの坪島孝監督による、上映機会も少ない、幻の業界コメディ!
『喜劇 負けてたまるか!』の写真
(c)東宝

『イチかバチか』ジャパンプレミア
(1963年/日本/102分/東宝)
監督:川島雄三
出演:伴淳三郎、ハナ肇、高島忠夫、団令子、水野久美、谷啓
異才・川島雄三の遺作は、ハナ肇・伴淳三郎・高島忠夫によるピカレスク喜劇。二百億をかけた世界一の大工場建設の話を聞き込んだ、ハッタリ市長・大田原(ハナ)が、口八丁手八丁で、敵も味方も欺いて、誘致を目論む。 谷啓も特別出演、ブラックな笑い満載、川島版”クレージー映画”ともいうべき快作!
『イチかバチか』の写真
(c)東宝

ページトップへ

  • 利用規約
  • サイトマップ