ニュース

元付き人ならではの秘蔵エピソードに大爆笑!高田文夫プロデュース「クレージーキャッツ」特集

2010/09/18
レポート by したコメボランティアスタッフ 太田万紀子
takadafumio.JPG


高田文夫プロデュース「クレージーキャッツ」特集は超貴重なクレージー映画3作品の上映と、植木等さんの元付き人・小松政夫さんを迎えたトークショーというスペシャルな内容。植木さんとの出会いから、谷啓さんの思い出話まで、ギャグやモノマネを交えた爆笑トークに会場は大盛り上がりとなりました!!


【登壇者コメント】


・いとうせいこうP「1時間のトークでは短すぎる。来年も小松さんに来ていただけるような企画を考えます!」


・高田文夫さん「今回はクレージーキャッツのいちばん派手な映画、珍作、谷さん主演作というポイントで3作品を選びました」


・小松政夫さん「中映劇場のような舞台に立つと、付き人だった頃客席の最前列で植木にカンペを出していたこと、当時の映画館は人が溢れていたことを思い出します」

 


【詳細をレポート!】


「睡眠時間は週10時間!」 秘蔵エピソードを公開

9月18日、浅草中映劇場で上映されたのは、高田文夫プロデュース「クレージーキャッツ」特集。

子どもの頃、昼休みに学校を抜け出して家に帰り『おとなの漫画』を見ていたというほど、クレージーキャッツの大ファンでもある高田文夫さんが選んだ映画は『クレージー黄金作戦』『喜劇 泥棒大家族 天下を盗る』『図々しい奴』という、ビデオ化されていないために現在では見ることができない貴重な作品を含む3作品。1本目の上映終了後には植木等さんの元付き人・小松政夫さんをお迎えし、高田文夫さん、いとうせいこうプロデューサーによるスペシャルなトークショーまで行われました。中映劇場は2階席まで観客でいっぱい。なかには、前日夜のオールナイト企画「クレージーキャッツのクレージー・ナイト!」から、ずっとクレージー漬けの方もいたとか。大きな拍手のなか、登壇した小松さんは「ハイ、またまたまたお会いしました」といきなりお得意のモノマネでお客様にサービス。

役者になりたくて高校卒業後上京したけれど、ツテがないため車のセールスマンになり、月収100万円以上稼いでいたこと。週刊誌で付き人募集の広告を見つけ、応募して採用されたこと。売れっ子だった植木さんは週に10時間しか寝る時間がないハードスケジュールだったこと。3年半の付き人生活の後、正式にタレントとして独り立ちすることになったとき、植木さんが事務所との交渉からギャラまですべて決めてくれたことなど、植木さんの人柄を伝えるエピソードを生き生きと、時にはモノマネ付きで披露してくれました。

また、小松さんの大ヒットギャグのひとつ、「知らない、知らない、知らない」はセールスマン時代の上司のマネを植木さんに見せたら、大ウケ。後日、植木さんの出番をチェックするため、『シャボン玉ホリデー』の台本を読んでいたら、突然、"小松:知らない、知らない、知らないをやる"と書いてあるのを発見しビックリしたという、ギャグの誕生秘話も。

「その台本を書いたのは谷啓さんだったんですよ」と、先日なくなられた谷啓さんの思い出話も飛び出すなど、クレージーキャッツファンはもちろん、小松さんファンにとってもたまらないひとときは、大爆笑のうちにあっという間に終了。懐かしいギャグや秘蔵エピソードに観客はたっぷり笑い、大喜びの様子でした。


プログラム:高田文夫プロデュース「クレージーキャッツ」特集

このカテゴリのニュース一覧

携帯サイト SHITA COME Mobile

ページトップへ