コメディ栄誉賞 コント55号特集 - 第2回したまちコメディ映画祭in台東

プログラム

film

コメディ栄誉賞 コント55号特集

2009/9/24(木)15:00開場/15:30開演 『コント55号 世紀の大弱点』 2009/9/25(金)11:00開場/11:30開演 『コント55号 俺は忍者の孫の孫』 2009/9/25(木)15:30開場/16:00開演 『俺は眠たかった!!』
浅草中映劇場 

9/25(金)浅草公会堂で「声優口演ライブinしたコメ 2009」の前に開催されるクロージングセレモニー(18:00開場、18:30開演)にて、コント55号(萩本欽一氏、坂上二郎氏)にご登壇いただき、コメディ栄誉賞の授賞式を実施いたします!


コント55号の決定版!スクリーンでもあの笑いを再び!
チケット情報
【料  金】前売1,000円/当日1,200円 全席自由
【当日券】2本目以降割引についてはこちら
販売時間:9/24(木) 14:30~、9/25(金)10:30~
販売場所:劇場前 特設販売所
上映プログラムレポートはこちら
上映プログラムレポートはこちら
コント55号の写真
先達の笑いにかけた思いを次の笑いの担い手に引継いでほしいという願いを込めて創設された「コメディ栄誉賞」。第2回となる今回の受賞者には、1966年に浅草で結成され、それぞれの活動でも多くの人たちを楽しませているコント55号が選ばれました。 この受賞を記念して、クロージングセレモニー(9/25(金)浅草公会堂 18:00開場、18:30開演)にてコント55号のお二人にご登壇いただき、コメディ栄誉賞を贈呈させていただきます。また、これに先駆けて9月24日・25日にはコント55号が出演した映画の特集上映を浅草中映劇場にて開催。萩本氏が監督・製作・脚本・音楽を担当した『俺は眠たかった!!』など、今では滅多に観る機会のない貴重な作品も含め、二人が生み出す笑いを存分に楽しめる映画3本を上映いたします。
したコメ人ページへ コント55号のプロフィールはこちら

『コント55号 世紀の大弱点』 1968年/日本/87分/東宝
監督:和田嘉訓
出演: コント55号、真理アンヌ、天本英世、由利徹
コント55号の主演第1弾。週刊誌の記者とカメラマンのコンビが偶然、傑作小説の原稿を拾い、架空の女流作家を仕立て上げて雑誌に発表すると、これが大評判を呼ぶのだが…。内田裕也、大竹省二など、異色のキャストも見どころで、マッシュルームカットの内田裕也が踊るゴーゴーダンスなど、他所では見られないレアな昭和風俗が満載。公開翌月には、ライバルの松竹で主演第二作が封切られるほど、当時の2人はまさに神風タレントとして疾走していた。

『コント55号 世紀の大弱点』の写真

『コント55号 俺は忍者の孫の孫』 1969年/日本/81分/東宝
監督:福田純
出演:コント55号、柏木由紀子、伴淳三郎、由利徹
山田風太郎の『忍法相伝73』が原作の映画。甲賀忍者の末裔・二郎と伊賀忍者の末裔・欽一が出会い、対決することになるが、二郎のイカサマ忍法の前に欽一は敗れる。その後、話題になった2人は政治家たちに利用され…。奇想天外なコメディの中で描かれているのは、なんと、当時の世相では到底考えられなかった二大政党による泥試合!!初上映から40年経った今の時期にこそ相応しい作品かも?
『コント55号 俺は忍者の孫の孫』の写真

『俺は眠たかった!!』 1970年/日本/80分/松竹
監督:萩本欽一
出演:コント55号、石立鉄男、名古屋章、前田武彦、左とん平、伴淳三郎、青島幸雄、吉永小百合
眠ろうとするたびに邪魔が入り、睡眠不足でフラフラの萩本を避けようとした車がガードレールに激突。この事故で両親を失い、唯一生き残った子供を萩本は育てようとするが…。コント55号はそれぞれ本名で登場。坂上は欽一の母親など、複数の役で登場する。初監督作『手』の高評価に手応えを感じた欽ちゃんが「上映時間内に120回笑わせる」と高らかに宣言した究極のコント映画で、字幕の使い方など、当時としては非常に斬新な手法が到る個所にみられる意欲に充ち溢れた作品。ちなみにビックリするような大スターが何人も「特別出演」しているので、一瞬も見逃すことのないように!
『俺は眠たかった!!』の写真

ページトップへ

  • 利用規約
  • サイトマップ