ニュース

コメディ栄誉賞 コント55号特集『俺は眠たかった!!』

2009/09/25
レポート by したコメサポーター  杉恵子
写真 by したコメサポーター 吉岡茂


DSC_8865.JPG

コント55号の第2回コメディ栄誉賞受賞特集として萩本欽一監督『俺は眠たかった!!』(1970年松竹作品)が浅草中映劇場で上映されました。会場には今回のしたまちコメディ大賞審査員・堀部圭亮氏やこの映画に出演していた斎藤清六氏の姿も! 欽ちゃんは監督・主演・製作・脚本のみならず、挿入歌まで歌う活躍ぶりで、その才能に改めて脱帽。若い頃の欽ちゃん・二郎さんを始め、青島幸男、石立鉄夫、伴淳三郎などの大物が次々と登場し、ファンにはたまらない映画となっています。意外なラスト(かなりシュール)、特にエンドロールは絶対見逃さないで!


<詳細をレポート!>
浅草松竹演芸場から出発した世紀のお笑いコンビ「コント55号」が浅草に帰ってきた!
そのコント55号の第2回コメディ栄誉賞受賞特集として萩本欽一監督『俺は眠たかった』(1970年松竹作品、80分)が浅草中映劇場で上映されました。
劇場内には今回のしたまちコメディ大賞審査員・堀部圭亮氏やこの映画に出演していた斎藤清六氏の姿をはじめ、往年のコメディアン、コメディエンヌらしき方の姿もちらほらと見え、あたかも昭和40年代にタイムスリップしたかのようです。
そんなレトロな雰囲気が漂う中、これまた懐かしい松竹のタイトルバックで『俺は眠たかった』が始まりました。眠ろうとするたびに邪魔が入って眠れない、睡眠不足の萩本に思いがけない災難が降りかかり・・・。欽ちゃんは監督・主演・制作・脚本のみならず、挿入歌まで歌う活躍ぶりで、そのマルチな才能に改めて脱帽。若い頃の欽ちゃん・二郎さんを始め、青島幸男、石立鉄夫、伴淳三郎、名古屋章、左とん平、前田武彦などの大物が次々と登場し、挙句には吉永小百合まで特別ゲストで出演するなど、特にオールドファンには一瞬も目を離せない映画でしょう。
当時の文部省の芸術祭参加作品だったというこの映画、超売れっ子でそれこそ眠る暇もなかったはずの欽ちゃんの心の叫びのようなものが感じられ、少々切ないラストでした。
エンドロールで流された字幕の斬新な使い方にはびっくり!ぜひ最後まで見逃さないで。


→コメディ栄誉賞 コント55号特集について詳しくはこちら
<上映作品>
『コント55号 世紀の大弱点』
『コント55号 俺は忍者の孫の孫』
『俺は眠たかった!!』

このカテゴリのニュース一覧

携帯サイト SHITA COME Mobile

ページトップへ