ニュース

特別ゲストも登場、『クヒオ大佐』

2009/09/23
レポート by したコメサポーター  鵜沢シズカ



DSC_0029mini.JPG  

 実際に堺雅人さんが着ていたという軍服姿で登場したいとうせいこう総合プロデューサー。他にもビッグゲストが! と呼び込まれたのは、お笑い芸人の児嶋一哉氏(アンジャッシュ)でした。コメディ映画祭らしいゲストに、会場からも大きな拍手が。撮影裏話や「37年間ひとりの女性としか付き合っていない」という児嶋氏の恋愛話も飛び出し、会場は大いに盛り上がりました。

<詳細をレポート!>
特別招待作品『クヒオ大佐』は、23日(水)に浅草公会堂で行われた上映では朝一のものでした。客席で開演前に広げられている新聞の数々。やっぱり朝の上映だから・・・・・・と思っていると、広げられた新聞の名前は「夕刊恋愛サギ」。内容は、『クヒオ大佐』のキャストから、モデルとなった人物のアレコレまで詳細にわたっていますが、『クヒオ大佐』以外に関する部分は広告まで架空のもの。お客様に配られたこの新聞は、今作ならではのユーモアといえるでしょう。

  DSC_0017mini.JPG

 そして始まったトークショー。まず登場したのは、軍服を身にまとったいとうせいこうプロデューサー。クヒオ大佐こと堺雅人氏が映画中で実際に着ていたものだといいます。そのあまりに意外な格好に誰かわらかない人もいたのではないでしょうか? そして同じく大きな拍手で迎えられたのは、出演者であるアンジャッシュの児嶋一哉氏。演技については「よく分からないから、邪魔しないことを心がけた」と謙虚に語りましたが、いとうプロデューサーからは「そのシンプルさにいやらしさがにじみでていた」と絶賛され、照れる場面も。 TV鑑賞中の堺雅人氏があまりにかっこよく、ついつい見つめてしまったという撮影現場での思い出話や、「恋愛で騙したり騙されたことは?」という質問に、「37年間生きてきて、一人の女性としか付き合ったことがないのでよく分からないけど、相方をこの世界に誘うときに、お前しかいないと言ったのは騙したことになるかも。声をかけたのは5番目だったから・・・・・・」と話して会場を沸かせました。 登場こそは「僕でごめんなさい」と遠慮がちなものでしたが、コメディ映画祭ならではのゲストに、会場は笑い声に満ち、大いに盛り上がりました。


→特別招待作品『クヒオ大佐』について詳しくはこちら

このカテゴリのニュース一覧

携帯サイト SHITA COME Mobile

ページトップへ