ニュース

史上初!!船乗り込み&レッドカーペット2

2009/09/22
レポート by したコメサポーター  広川峯啓
 
したコメ雷門フォトセッション
したコメレッドカーペット
大洗にも星はふるなりレッドカーペット

 史上初のふれこみで隅田川から船にて、映画祭で上映される作品の出演者、スタッフの方々がさっそうと登場。あでやかな着物姿の岸本加世子氏や、クールに決めた哀川翔氏に、川岸からひっきりなしに声援が掛けられていました。
一方、雷門では海老名香代子氏や、内海桂子師匠がお出迎え。今回は台東区の小学校に通っているというさくらまやちゃんも参加。大勢の観客から注目を浴びて、いくぶん緊張ぎみ?
クライマックスの公会堂前では、握手あり、サイン会ありで、鈴なりのファンとの交流会が実現。それでも一切トラブルが起きなかったのは、さすが浅草!!

<詳細をレポート!>
 緩やかに流れる午後の隅田川に、賑やかなお囃子に乗って突如現れたのは、昨年も映画祭で掛けられた人気シリーズ「デコトラの鷲2」出演の哀川翔氏、野波真帆氏。オープニング上映作品「大洗にも星はふるなり」出演の佐藤二朗氏、白石隼也氏。そして「したまちコメディ大賞」審査員の岸本加世子氏ら豪華俳優陣を乗せた"ショーボート"ライクな船乗り込み。桟橋に居合わせた大勢の人達からは、黄色い声援が飛び交っていました。その後、一行はレトロな雰囲気のトロリーバスに乗り変え

DSC_0421mini.JPGて、浅草寺は雷門へと移動。
 ここではゲストを歓迎する浅草ゆかりの皆さんが、大提灯を背にズラリと並んでお出迎えです。第一回から引き続いての、海老名香葉子氏、櫻川梅后氏、内海桂子師匠に加えて、今年は演歌少女・さくらまやちゃんも参加。北海道帯広出身で、今は台東区の小学校に通う彼女は「浅草が大好きなので参加できてうれしいです」と元気に挨拶。ゲストのお出迎え役を立派に果たしました。最年長の内海桂子師匠との年齢差は、なんと80歳!! 老若男女が世代や考え方の枠を越えて、同じ作品を見て爆笑できるのがコメディ映画の素晴らしいところ。そのスピリッツをそのまま表現したかのような一幕でした。
 

DSC_0425mini.JPGのサムネール画像ところ変わって、約100mのレッドカーペットが敷かれた浅草公会堂前のオレンジ通りでは、したコメの公式サポーターソングを歌う浅草ジンタが、オープニングアクトとしてミニライブを開催。いち早く集まってきた観客の皆さんを楽しませていました。そこへ、雷門から再びトロリーバスに乗り込んだゲスト一行が到着。歩道を埋め尽くす観客から大歓声が上がるなか、一同はにこやかに手を振り、ファンからの声援にもフランクに応え、レッドカーペットは一瞬にして集団サイン会の様相を見せていました。
 総合プロデューサーを勤めたいとうせいこうも、浅草の人達の暖かな歓迎ぶりに大感動。この時点で早くも、映画祭の成功を確信したようでした。

→レポート1を見る

浅草船着場 - 雷門 - 浅草公会堂
→史上初!!船乗り込み&レッドカーペットについて詳しくはこちら

このカテゴリのニュース一覧

携帯サイト SHITA COME Mobile

ページトップへ