プログラム - 第1回したまちコメディ映画祭in台東

プログラム

本祭

film

コメディ栄誉賞 小沢昭一特集

2008/11/22(土) 18:30開場 / 19:00開演 『大当たり百発百中』
2008/11/23(日) 10:30開場 / 11:00開演 『しとやかな獣』
2008/11/23(日) 14:30開場 / 15:00開演 『"エロ事師たち"より 人類学入門』
浅草中映劇場

11/23(日)14:30開場/15:00開演の回では、小沢昭一氏ご本人が会場でトークショーを行います。進行役は、映画評論家・多摩美術大学名誉教授の品田雄吉氏です。どうぞお楽しみに!

©1961 日活

コメディ栄誉賞受賞者、小沢昭一氏自身によるセレクト特集上映!

浅草・上野地区は日本の喜劇発祥の地であり、多くの喜劇人・芸人を生み育ててきた町である。巷にあるお仕着せのお笑いではなく、市井の人々が楽しみ喜び大切にしてきた笑いの文化がある。本映画祭では、次の笑いの担い手に笑いにかけた思いを引継いでほしいという願いを込め、「コメディ栄誉賞」を創設する。現在も活躍し、多年に渡り笑いを通して私たちを楽しませ元気にしてくれたコメディアン、またはコメディに携わっている方を、本映画祭開催につき1名表彰する。
第1回「コメディ栄誉賞」の受賞者は、俳優、俳人、歌手、エッセイストとあらゆる芸能分野で才能を発揮する、日本を代表する芸能人小沢昭一氏。コメディ栄誉賞贈呈を記念して、オープニング・セレモニー(11/22(土)浅草公会堂にて18:00開場、18:30開演)での小沢氏による歌とハーモニカ演奏の披露に加え、小沢氏自身のセレクトによる、映画俳優小沢昭一の姿を存分に楽しんでいただける作品を特集上映する。

-->
上映作品
『大当り百発百中』
(1961年/日本/ 67分/日活 )

レコード会社のヘボ作詞家・及川太郎(小沢)の霊感で賭けた馬券がどれもこれも大当り、それを知った愚連隊が彼の才能を資金源にしようと企んで、太郎を監禁する。しかし脱走を試みて、追いつ追われつの大ドタバタ痛快コメディ。

監督:春原政久
出演:小沢昭一、松原智恵子、加藤武、千代侑子

『大当り百発百中』の写真

©1961 日活

『しとやかな獣』
(1962年/日本/96分/角川映画)

「人間」を監督した新藤兼人の原作・脚色から、「雁の寺」の川島雄三が監督した社会ドラマ。撮影は『瘋癲老人日記』の宗川信夫。

監督:川島雄三
出演:小沢昭一、若尾文子、船越英二、ミヤコ蝶々、山岡久乃

『しとやかな獣』の写真

©1962角川映画

『"エロ事師たち"より 人類学入門』
(1966年/日本/128分/日活)

エロ写真、ブルーフィルム、妖しい器具…多色の猥雑で生計を立てる裏街道の人間たち。日本人の性意識を鋭く抉った野坂昭如の処女作を、今村×小沢コンビが完成させた型破りのホームドラマ。キネマ旬報主演男優賞ほか受賞。

監督・脚色:今村昌平
原作:野坂昭如
出演:小沢昭一、坂本スミ子、近藤正臣、佐川啓子、浜村純

『エロ事師たちより 人類学入門』の写真

©1966 日活

ページトップへ

  • 利用規約
  • サイトマップ